チャイナタウンにある仏様の歯がまつってあるお寺。
スリランカにもあったから、世界には仏様の歯の数だけお寺があるのだろうか。
靴箱がステンレス製でできている。清潔だろうけど、熱くなるだろうな。
f0234728_09110631.jpg
タイガーバーム創始者の作ったハウパーヴィラ。入場無料。
なぜか力士もありました
f0234728_09190362.jpg
セントーサ島では虹を見ました。
f0234728_09311563.jpg
シンガポール人はレインボーカラーが好き。
これは練り菓子のようでした。
f0234728_09195902.jpg
独立記念日、博物館でやっていたバザーで買った軽食(右側箱)。
辛くて辛くて喉が爆発しそうでした。後で看板を見たら『インドネシア料理』!
f0234728_09284582.jpg

ピッカリングホテルにもインフィニティプールが☺。
5階にあります。
f0234728_09533259.jpg

旅はホテル探しから始まる。ツアーだと考えなくて楽なのだが、それでは旅の醍醐味が減る。
値段、立地、動きやすさ、ホテルの大きさなどを考えて選ぶ。もちろん各予約サイトで値段を比較する。ホテル公式も勿論チェック。
楽しみではあるのだが、いくつかの候補から一つに絞るのはなかなか時間のかかる作業でもある。

今回、選んだのはパークロイヤルピッカリング。
フレンドリーな応対、大きくない規模、各フロアにある庭園、鳥かご椅子、清潔さ、プールとどれをとっても◎。センスが良くて落ち着くホテルだった。規模からいってあまり団体を扱っていないようだった。
ホテル選びの途中でもっとマーライオンに近いホテルとも考えたが、どうしてもピッカリングを捨てることができなかった。
ピッカリングは期待通り、都会の中のオアシスのようなホテルだった。
チャイナタウン駅から少し離れているのが唯一の欠点かと思ったら、なんともっと近いところにMRAの駅があった。
f0234728_12092864.jpg
チェックインしたらフロントでウェルカムドリンクを渡された。
え!ここで飲むの?と急いで立ち飲み。でも次の人がチェックインを待っているので、せっかくの生ジュースを残してしまった。
後から、ロビーでゆっくり飲めばよかったと😂
部屋にバスタブがなくシャワーだけだったこと。(これはエコがテーマのホテルだからかと思うが)残念だったのはこの二点だけです。


シンガポール旅行の観光定番と言えばマーライオン・植物園・サファリツアーではないだろうか。
動物園は日本でもあるが、サファリツアーは経験がないのでホテルでツアーを申し込む。
ホテル前、6時にバスに乗り込み、チャイナタウンで一時停止。ここでチケット代を払えと言うのでチケットブースに行く。ホテルでの支払いでないのに少し面食らう。

f0234728_11333186.jpg
水もレインコートもここは動物園より安いから買うようにとガイドさんのアドバイス。
傘は持っていたので水購入。食事なしツアーなので小腹対策にパンも買う。
バスに再び乗り込み、早速パンをかじり始めると、ガイドさんがそっと横に来て「バスの中では食べないでね。向こうについてからにしてね」と小声で注意する。
ちょっと軽くカルチャーショック。
日本の観光バスは中で飲み食いが普通。というかそれが楽しみ。ひゃ~、やっぱりシンガポール。確かにバスの中で飲み食いすると、ごみが出る。床が汚れる。
感心もするけど、ここまでするかと少々呆れる。
f0234728_11395339.jpg
      (動物園内のトイレの洗面台)
さて到着してガイドさんから説明を受ける。「動物ショーもあるけど、動物は少しだけしか出ない。ホモサピエンスを見てもしょうがないでしょ。お勧めしないわ。」と。
まずはトラムで半周。フラッシュをたかないようにと説明を受ける。
トラムを降りてからはトラムで回らなかったコースをガイドさんについて回る。サファリツアーと言うので、てっきり全部車に乗って見るのだと思っていた私はビックリ。
遅れないように、説明を聞き逃さないようになるべくグループの前の方に前にと、少々せわしい。
「まだ1時間半あるわ。残りのコースを歩いてもいいし、ご飯食べてもいいですよ。」と集合場所を確認して解散。
本当は疲れてもう歩きたくなかったが、夫の強引な誘いで仕方なく歩く、
暗闇の動物園、迷子になったらと思うと恐ろしかった。

モモンガをフラッシュなしで撮影成功して、フードコートへ。
f0234728_11343260.jpg
セットメニューはどれも高い!
ベジロールというカレー味のマッシュポテトの入ったタコスみたいなものとジュースを食べて時間となる。
バスの中でガイドさんが「昼の動物園もいいのよ。明日も来る?」と言っていたが、もう充分です。


ちなみにシンガポールは言語学的にも重要な国だ。
シンガポールは華人、マレー人、タミール人、その他民族からなる多民族国家である。そのため、標準英語以外にそれぞれの言葉が影響した「シンガポール英語(シングリッシュ)」が話されている。
標準英語とシングリッシュを状況に応じて使い分ける人も多い。
このように二つの変種言語が使われる社会を『ダイグロシア』と言う。
・・・と養成講座で習った。
f0234728_10441925.jpg
(博物館で購入したシングリッシュのカレンダー)
シンガポールに住む知人は「彼らも片言英語だから、英語にコンプレックス持たなくてもいいから楽」と言っていた。それと「初めての赴任した国がシンガポールでラッキーだった」とも。物価は高いけど、公共交通機関やタクシーは日本より安いから動きやすい。
「車は持たないの?」と聞くと、狭い国に車が溢れないように、車の価格は日本の倍するとか。環境にやさしいシンガポールだ。もっとも車が基幹産業になっている日本では無理ではあるが。
f0234728_10323150.jpg
シンガポリアン(と彼らは言っていた)は子供にもやさしい。
日本だとちょっと気取ったところに小さい子供を連れて行くのはためらうが、シンガポールでは「いいよ、子供はそんなものだから」と大らかだと言う。
二人目を妊娠中の彼女がつわりで気分が悪くなってしゃがみこんでいると、すぐに何人かが「どうしたの」と駆け寄ってきたと言う。「妊娠中で」と言うと「そうなの、気を付けてね。丈夫な赤ちゃんを産んでね」と。
今回の旅で彼ら夫婦から聞いたシンガポール事情で、私はすっかりシンガポールのファンになった。
セントーサ島に行く遊歩道で繰り返し流れていた「シンガポール賛歌」のCDを買って、毎日聞いている。


プールの水は思っていたより冷たかった。憧れのプールといえどもそう長く入れるものではない。ビーチチェアに座って泳いでいる人を眺める。みな、スマホ片手に撮影に没頭している。自撮り棒を使って撮影するカップル。家族連れは子供の撮影に余念がない。
超高層階プールからのインパクトある景色だが、人間ウォッチングもなかなか楽しい。
f0234728_09352014.jpg
巨大ホテルの三つのタワーの上に舟形のプールを載せるなんて、一体、誰が考え出したのだろうか。知人によるとシンガポールは地震や台風などの天災と無縁らしい。しいて言えばフィリピンの自然山火事からくる灰害くらいだとか。
だからこそなのだろう、大胆なデザインとカラフルな建物が多い。

夜はフードコートで食事。シンガポール名物チキンライスを頼む。
値段は高くなかったが、味は、私が作る「シンガポール風チキンライス」のほうが美味しかった。お口直しにスウィート。黒ゴマ餡入り団子のジンジャースープで体が温まった。
f0234728_09342831.jpg
フードコートの隣は高そうなブランドショップが並ぶ。
一軒のケーキショップで足がとまった。ショウウィンドウに虹色のケーキ!
一切れ何と1,000円!あまりの高さに「これはお祭りや誕生日に食べるケーキ?」と聞く。「いや、ふつうに食べるよ」との返事。一切れだけ買い、隣にカフェがあったが、テイクアウトにして部屋で食べた。
色はカラフルと言うか毒々しいが、甘すぎず、やさしい味がした。
f0234728_09410541.jpg
部屋から光のショーが眺められたのに、疲れから不覚にもついうとうとしてしまった。
f0234728_09442586.jpg
                         (部屋からの眺める夜景)