●勝ち組&負け組~ブラジルを想う

連日、熱戦が続くワールドカップ
スポーツ音痴の自分でもブラジルが強豪国であることは知っている。
下馬評ではどうなのだろうか。優勝候補なのだろうか?

ところで、『勝ち組』、『負け組』はここ数年よく耳にする言葉だ。
『勝ち組』は上手く立ち回り経済的に成功した人や組織に使われるようだ。一方、『負け組』は貧乏という意味か、どちらにしても上から目線で言っているようであまり気持ちのよい言葉でない。

この『勝ち組』、『負け組』がブラジルでは全く違う意味で使われていたことを最近知り、ちょっとショックを受けた。

f0234728_185075.jpgブラジルは約100年前より多くの日本人が移民した国だ。そんなブラジルの日系人社会で、第二次世界大戦後、日本の敗北を信じなかった人たちが『勝ち組』だ。
敗戦を受け入れた『負け組』と『勝ち組』は日系人社会全体を巻き込み、大きな抗争にまで発展した。

時がたち、『勝ち組』の人たちも年をとり、日本を訪れる。高度成長期の日本、立ち並ぶ高層ビルを眺め言い放った。「ほら!日本は勝ったじゃないか」。こんな嘘のような本当の話まであるらしい。
それはともかく、大勢の死者まで出した抗争のため、日系人社会では『勝ち組』『負け組』を口にするのは未だにタブーになっているらしい。

インターネットや情報網が発達した現代なら起こり得なかったことだろう。が、これも陽気なラテン、ブラジルで現実にあった影の部分だ。


昔は日本からブラジルに移民したが、1990年入管法改正以来、今度は多くの日系ブラジル人が日本に来るようになった。彼らは日本経済の一端を担っている大事な働き手だ。
彼らは今、故郷に想いを馳せて、祖国を応援しているに違いない。

f0234728_18503769.jpgガンバレ、ブラジル! ガンバレ、ニッポン!
070.gif
by feliza0930 | 2010-06-18 18:55 | ・SOCIETY | Comments(2)
Commented by ちょっと一休み at 2010-06-20 00:53 x
こんばんは。
ブラジルに移民した日本人がずいぶん苦労したという話はよく聞きますね。
その日系二世三世の方々が日本に来て、雇用不安の中で苦労しているのも現在のようです。
日本の国策として移民を行ったのならば、もう少し手厚い援助があってもと思っています。
そういう、私の両親はもう亡くなったけれど満洲開拓団で中国に行き、シベリア抑留、引き上げ・・と苦労話は聞かされました。
戦争の傷跡は絶えることがないですね。
ところで、私めの拙いブログのサイドにfelizaさんのブログを紹介させていただいちゃいました。(ご迷惑でなければ、よろしくお願いします。すみません)
Commented by feliza0930 at 2010-06-20 21:55
ブラジルは連合国となり、日本と国交断絶し、日本語での情報は一切遮断されました。そのため敗戦を信じない『勝ち組』の人たちがいたのですよね。
戦争の犠牲を払ったにもかかわらず、日系の方々は敗戦後の日本を助けようとたくさん寄付をされたと聞きました。
そんな話を聞くと、日系の人たちにもっと目をむけないといけないと思いました。

こんなマニアックなブログを紹介していただいて恥ずかしいです。