●工場萌え②

「何時間佇んでいても全く飽きの来ない魅力を湛えている。・・・こうして誰かと賑やかに工場話を交わしながら過ごす穏やかで風通しの良い瞬間も・・・実は本当にかけがえのない大切なものだと再認識する」

そんな『工場萌え』文もいつしか記憶の隅に追いやられていったこの夏、思いがけない形で『工場萌え』に再会した。『コンビナート夜景クルーズ』のポスターだった。
四日市港を船で一周し、ポートビル展望台より夜景を眺める。土曜は四日市名物『とんてき』を料亭でいただくディナークルーズらしい。
マニア人気に、お役所が地域興しにと目をつけたのであろう。

ポスターに誘われてポートビルに上ってみた。開港100年を記念して作られたこのビルの14階に展望台がある。
伊勢湾、鈴鹿の山々、遠くはセントレア空港まで見渡せる壮大な360度パノラマだ。間近にはコンテナやコンビナート群が見える。まぶしすぎる日差しが痛い。
f0234728_1933990.jpg

ところが夜になると景色は一変する。
『100万ドルの夜景』と称される香港にも負けないというと誉めすぎだが、コンビナート工場の明かりが星のごとくキラキラと美しい。長島温泉で打ち上げられる花火も向こうに見える。音のない花火は幻想的だ。
ここが四日市であることを忘れてしまう。
f0234728_1941391.jpg

ビルから外を出ると潮風が気持ちよかった。
次に来るときは『オイルマン』だった父を連れてこようと思った。
by feliza0930 | 2010-09-06 19:08 | ・TRAVEL | Comments(0)