●人間であることを忘れる?

桜は愛でても、紅葉の季節はいつの間にか過ぎてしまう。
なぜかなと考えたら桜は近場にあるが、紅葉はちょっと遠出しないと見られない。

病み上がりだったが、珍しく夫の誘いで、湯の山に紅葉狩り。ダウンにタイツ、マフラー、手袋と防寒対策しての久しぶりのプチドライブだ。

普段は閑散としている湯の山温泉もこの時ばかりは大賑わい。
ロープウェイ駅までは大渋滞で、歩いた方が早いくらいだ。
今回は時間がなかったのでロープウェイには乗らなかったが、山が赤や黄色に色づいているのを間近で見ることができた。
f0234728_075583.jpg

2008年、湯の山温泉の紅葉観光キャンペーンポスターのコピーは『人間であることを忘れる』。
人間であることを忘れるって、鹿やイノシシのような獣になるのか。それとも美しさに理性を失って本能のおもむくままに行動するヒト科動物になるのか。きっとそんな意味じゃないですよね。 
とにかくあまりに強烈なコピーにギョッとして、今だにに覚えているから観光協会の思惑通り!?

人間であることは全然忘れられなかったけど(笑)、久しぶりにオゾンをいっぱい浴びてリフレッシュした一日でした。
by feliza0930 | 2010-11-14 00:24 | ・TRAVEL | Comments(4)
Commented by fu-minblog at 2010-11-14 11:03
「人間であることを忘れる」とは忘れられないコピーですね!
ただ、この写真を見て思ったのは、自分が鳥になった気分です。
そんな意味でもないですよね。きっと。
Commented by feliza0930 at 2010-11-15 17:09
なるほど。私は獣類ばかり考えていて、空を舞う鳥類になるとは考えもつきませんでした。『アバター』みたいに鳥の背に乗るのもアリですね。赤や黄色に染まった山を眺めて自由自在に飛びまわれば、『人間であることを忘れる』かもしれませんね。
Commented by GM at 2010-11-15 19:56 x
多分、俗世を忘れるってことじゃないかと思うんですけど。
あるいは、自然と一体化する・・・みたいな
あまりの美しさに呆然とする・・・ここまで言うか!ってことになっちゃうね^_^;
我が家の一軒置いた隣の花水木がキレイな紅葉になっています。毎年、「うちにも欲しいなぁ!」って思ってます。
Commented by feliza0930 at 2010-11-16 08:47
>>GMさん 『人間であることを忘れる』はいろいろイメージが膨らむ言葉ですよね。自分が<自然と一体化>するような境地?に一度なってみたいものです。