●銀座~東京・大阪弾丸旅行②

銀座はいつからこんなに中国人の多い街になったのだろうか。10人に3人が中国人と言っても言い過ぎではない。中国語があちこちから聞こえてくる。
今年3月にオープンしたばかりのユニクロ銀座店に、中国人ツアー客が次々と吸い込まれていく。ちょっと待て!ユニクロの工場は中国ではなかったか。

傘を差したり閉じたりビニール袋に入れたり、雨の降る日は店をひやかし見るだけでも疲れる。ああ、コーヒーが飲みたい。甘いもんが食べたい。ケーキが食べたい・・・と脳が指令してくる。こんな時は甘い誘惑には勝てない。ここは銀座、折角ならカフェより甘味処にしよう。生クリーム使っていない分、ヘルシーな筈と店に入る。さすが銀座。平日の雨の日も客で一杯でちょっと躊躇する。「お二階もありますよ」の声に誘われ階段を上がる。賑やかな一階とうってかわって静かだ。空いている。銀座通りを見下ろせる窓際カウンターに腰掛ける。
生菓子、お汁粉、くずもち、トコロテンなどから好きなものを三点選べるセットを迷わず注文する。店の外のガラスショーケースを見たときから「コレ!」と決めていた。いろいろ食べられていいじゃないですか。セットには緑茶がついていた。小ぶりだがさすがに三つも食べると甘い。しまった!コーヒーのセットにすればよかったかな。それに三つも食べればケーキと同じくらいのカロリーになったかもしれない。f0234728_18514225.jpg
お茶のお代わりが欲しい。「あの~お茶はお代わりできますか」「ええ。何杯でもどうぞ」と感じのいい店員さんが笑顔で答える。

一面の窓ガラスから下の銀座通りをぼ~と眺める。あ!さっき私に声をかけた女性がまだ呼び込みしている。真っ白なダウンを着ているが冷たい雨の中で寒そうだ、アルバイトなのだろうか。画廊とあってはそうそう気軽に店の中に入れない。通りゆく人も立ち止まらない。大変だろうなと人間ウォッチングしたり、スマホで電車検索したり・・・だんだん動くのが億劫になってきた。ず~っとここに座っていたい。

そこにまたまた先ほどの店員さん。「すみません。言い忘れました。雨の日はコーヒーか抹茶アイスのサービスがあるのですけど、どちらになさいますか」抹茶アイス?!これ以上甘いものはいくら私でもNo thank you。「本当ですか?ちょうどコーヒーが飲みたかったです。嬉しいサービスですね」「ありがとうございます。」

林真理子が銀座で今までで一番美味しいあんみつを食べたとエッセイに書いていたが、この店だろうか?樋口可奈子はここで働いていてスカウトされたのだろうか・・と思いながら店を出た。それが隣にも甘味処、またその近くにも甘味処の店があった。
雨の日サービスは銀座甘味処生き残りをかけた戦略かと『ワールドビジネスサテライト』の見すぎですね。

時計を見る。しまった!銀座でまったりし過ぎてしまった。雨の日は日が暮れるのが早いのでよけい焦る。渋谷に行かなくては。(ブログ記事は時系列、無視しています(^_^;))
by feliza0930 | 2012-03-29 00:03 | ・TRAVEL | Comments(0)