●お茶の水~東京・大阪弾丸旅行④

渋谷は街中の至る所から湯気が立っているようだった。お茶の水は緑が多く、なんだか楽に息ができる。大学、専門学校、予備校が集まり、学生が多いせいもあるだろうか。
朝、10時前。弟との待ち合わせまで1時間半以上ある。案内板を見る。f0234728_21533924.jpgニコライ堂湯島聖堂が駅から近そうだ。よし、二つ行けるだろう。最初にニコライ堂に行く。大きな教会だった。午後執り行われる告別式案内の立て看板があったので、中に入るのはためらわれた。
駅に戻って反対方向の湯島聖堂に向かう。橋を渡った。私は名前からしててっきり教会だと思った。だが橋の向こうにはどう目をこらしても十字架が見えない!おかしい。
どうやら湯島聖堂は教会ではないらしい。高低差のある広い敷地。緑がおい茂るので入口がわかりづらい。とにかく石段を降りる。f0234728_21575947.jpg突然、目の前に大きな像が現れた。像の前でグループが交替で写真を撮っていた。撮影が終わるのをぼ~っと待っていると「すみません。写真撮ってもらえませんか」の声。中国から来たグループのようだ。どこから来たのか尋ねると福建省からだと言った。巨大な銅像は孔子像だった。中国から日本にやって来て孔子像の前で撮影というのも面白い。

奥の石段を上がるとお寺のような建物があった。造りは法隆寺のようだ。正面の建物(大成殿)に入る。入口で拝観料を払う。中には受付の人しかいない。受付の人はここは寺院ではなく孔子廟だと説明してくれた。日本で孔子廟を見たのは初めてだ。「普段は人で賑わうのですよ。でもほら今日は雨でしょ。」雨だといいこともある。しんと静かで物音ひとつしない。ぐるりと一周する。孔子、孟子などが祀ってある。一角でお守りや絵はがきや書籍を売っている。どれどれと手に取ってみる。
儒教の教えをわかりやすく書いた本が積まれていた。f0234728_2204745.jpg『論語のことば』『孟子のことば』・・・あ!『菜根譚のことば』がある。これこれ、これこそ私が探していた本だったのだ。こんなところで見つけるとは!
by feliza0930 | 2012-03-30 00:05 | ・TRAVEL | Comments(0)