●HAYABUSA&すじネギカリー~東京・大阪弾丸旅行⑧

f0234728_15114417.jpg草間彌生展の後、隣の科学館で『HAYABUSA』(プラネタリウムのプログラム)を見た
すみません、内容全然覚えていません。館内が暗くなると旅行の疲れが一気に出たのか5分もしないうちに眠りの中へ。

私と『はやぶさ』はとことん相性が悪い。
1ヶ月前、友達に映画『はやぶさ』を誘われた。だが、途中退場を余儀なくさせられる。原因はスマホだ。今だにスマホを使いこなせない私はスマホの暴走に時々、悩まされる。映画が始まってしばらくして電源を切った(はずの)スマホのアラームが(バイブで)鳴る。慌ててシアターを出てアラームを切る。念には念を入れてとスマホをハンカチでぐるぐる巻きにして化粧ポーチに入れてハンドバックの奥に押し込んだ。再び、友人の隣に座る。ところがまたまたバックからブーンと低くて鈍いうなり声がする。アラームならそのうち止むだろう、無視しようと思ってもうなりが気になって映画どころの騒ぎではない。バッグをコートにくるんでも止まない。隣の友達に断ってまたもや外へ出る。やっとアラームの元からの切り方がわかった。だが再びシアターに入る勇気はもう残っていなかった。映画に三浦友和が出ていたのか渡辺謙だったのかさえ覚えていない。(後で友達に聞いたらアラームのバイブ音は気づかなかったそうだ。)
そんなわけで映画もプラネタリムも見に行ったのに、相変わらず私の『はやぶさ』知識はゼロに近いのだ(-_-;)。

f0234728_15141327.jpgさて東京&大阪二泊三日の弾丸(?)旅行も終わりに近づいてきた。お約束の『蓬莱551』の肉饅とシュウマイを買い、近鉄難波駅へ行く。改札口を入る。あれ!何これは!前はこんなのなかった!乗り場に行く通路の両脇に飲食店がズラーッと立ち並ぶ。一瞬、(私って改札口を入ったよね?)と思ってしまった。お洒落なカフェ。バルまである。ワインとタパスときたかぁ。駅構内なのに気が利いている。ビール党のお父さんにはビールバー。有名店もある。キョロキョロして目移りしてしまう。
私はある看板の前で足を留めた。『すじネギカリー』。f0234728_15233311.jpg<カレー>じゃなくて<カリー>がB級グルメっぽい。ご飯にネギがどっさりかかっていて上に真っ黒いカレーがのっかかっている。カレーとネギの組み合わせ?カレーうどんがあるからあり得ない組み合わせではないだろう。しかしあれはうどん。ネギの斜め切り。こちらはごはん。ネギの小口切りだ。どんなカレーなのか食べてみたい。しかし蓬莱のほかほか肉饅を電車の中で食べることになっている。中に入りたいのを我慢して再び歩き出した。こんなに美味しそうな店がいっぱい並んでいると予定より一本や二本電車を遅らせている人もいるかもしれない。私のように特急券を買ってしまった人は諦めるしかないのですけど。

翌日、スジがなかったのでスネ肉でカレーを作った。ネギをたくさん刻みご飯の上にてんこ盛りにしてカレーをかけた。食べてみた。「ま、まずい。」ネギとカレーが喧嘩している。ネギがネチャっとしていて気持ち悪くなった。これじゃあない。違う。絶対に違うはず。やっぱ難波に行って本場『すじネギカリー』を食べてみなくては!

*阪神電鉄乗り入れを記念して2008年、難波駅構内にイートイン『Time’s Place』ができた。
by feliza0930 | 2012-04-05 15:29 | ・TRAVEL | Comments(0)