●靖国神社~とうきょう④

千鳥ヶ淵へ続く道には靖国神社があった。
何かと国際問題になる神社、太平洋戦争で命を落とした兵士たちの霊が眠る神社。これは心していかないと緊張して南門をくぐる。
あれ?何ですか?このあっけらかんとした雰囲気。

靖国神社はソメイヨシノや山桜が400本ある桜の名所。
さすが東京!外国人観光客も多い。おや?中国語が聞こえる。いいんですかねぇと逆に心配する。もっとも中国語は世界で一番話されている外国語。中国本土の人とは限るまい。
社務所で売られる靖国神社桜グッズ。靖国チョコレート。なんだかイメージと違うゾ。
野点でお抹茶と美味しいお菓子をいただく。
お手洗いを借りた遊就館というミュージアムが気になった。これは「戦争責任を語らせたら1時間でも話す」戦争マニア(?)の夫と一緒に来ようと見るのは後にまわした。
神門を出る。右翼の街宣車が数台停まっている。ちょっと異様な雰囲気だ。ここはやっぱり靖国神社。鳥居の下では演歌ショー。プロの歌手が歌っている。「靖国神社桜まつり」開催中。
参道の両側にはびっちり屋台が立ち並ぶ。地元のお祭りではお目にかけない珍しいものがあったのに、蛸の大きさにつられてたこ焼を買う。う~ん、しばらくたこ焼はパスしたい。お口直しにと東北の団子汁。出しはきいているのだが、塩分がきつかった。その上、モツらしきものもはいっていて・・・モツは苦手。お昼は外れっぽかった。

気を取り直して千鳥ヶ淵公園へ向かう。
公園入口角にインド料理店ある。素直にここでカレーを食べればよかったと後悔する。でもなぜカレー店?その答えはすぐわかった。隣にインド大使館があるからだ。ところが、大使館の前で座り込みをしている集団が!プラカードからスリランカ人だとわかった。プラカードにはインド政府に対する批判の言葉が書かれていた。
スリランカといえば、先日行ったスリランカフェスティバル。あの時は能天気にスリランカ、なんか楽しそうとしか思わなかった。ごめんなさい。知らなかったです。インドとスリランカの対立。

千鳥ヶ淵公園の桜を駆け足で見て、ホテルに戻ったのが夫と待ち合わせの2時。
会合を終えた夫と再び桜散策に。もう方向音痴とは言わせません(笑)。自慢げにナビをして午前中散策した同じ道を歩く。
先ほどパスした遊就館、案の定、夫は入ろうと言ってさっさとチケットを買う。ホールに入り否応なく目に飛び込むのが戦闘機だ。二階では映画上映をしていた。
f0234728_1955345.jpg

『わたしは忘れない』。韓国や中国の人が見たらどう思うのだろう?上村香子の絶叫調のナレーションは某国国営放送を思い出させた。
(太平洋戦争は一点の曇りもなかった)と言っているような映画だった。
カルチャーショックを受け、再び千鳥ヶ淵公園に向かう。
同じ日に同じコースの桜散策を二度もする人もそういるまい。
ホテルに戻って万歩計を見た。カウントは既に28,000歩を超えていた。
f0234728_19124159.jpg

<千鳥ヶ淵公園のしだれ桜>


*結局、二日間、傘をささないですみました。
by feliza0930 | 2013-04-05 19:15 | ・TRAVEL | Comments(0)