●‘jjj’ な鮎つかみ取り

暑い!暑い!お盆を過ぎたのに暑い!
台北より香港よりジャカルタよりあの灼熱の国のニューデリーより暑い日本!(8月21日)
信じられない!

涼を求めて川へ行く。
“やな場での鮎のつかみ取り”、聞いただけで涼しそうだ。
岡崎インターから車で30分ほどで到着。
土日やお盆休みは混雑していたらしいが、平日なのでそれほどでもない。
壁には地元の新聞で紹介された記事が貼ってある。テレビ局も取材によくくるらしい。有名人のサインも飾ってある。『男川の鮎のつかみ取り』は三河地方の夏の風物詩となっているようである。
三重の『熊野の花火』のようなものだろうか。

受付で「鮎のつかみ取り+食事」3人分申し込む。受付のおばさんが「3人分にすると
鮎が9匹料理されますよ。2人分にしてご飯1膳追加したらどうですか」と親切に言ってくれる。
つかみ取りと料理システムがよくわからないが、安くなるようなので言われる通りにする。
鮎のつかみ取りは初めての経験だ。
夫は岐阜で昔、鮎のつかみ取りをしたことがあるが、一匹も捕まえられかったらしい。
夫「鮎を捕まえるのは難しいですよね。」
お店の人「いや、そうでもないですよ。簡単につかまえられますよ」。
「???」「まず食事の席を取って来てください。」
ほどなく「〇〇さん、用意ができました。」と放送が入った。階段を下りて川に降りる。
川遊びしている親子連れがいる。あそこに行くのかと聞くと「あれは別です」。別?とは何か聞こうかと思ったがやめた。
係りの人の指示に従ってバケツに水を入れスタンバイ。靴を脱いで竹で組んである簗場に立った。澄んだ水のどこに鮎がいるのか。目をこらしてもなんにも見えない。
すると突然、鮎が湧いてきた!一匹、二匹・・・。まさしく“湧いてきた!という表現がぴったりだ。マジックのようである。
f0234728_21304277.jpg

係りの人がやってきた。「つかまえましたか?」「いや一匹は小さかったので戻しました」。ほどなく大きな鮎が現れた・・・。またもやイキナリである。右手を見ていると左手に!竹の上をパタパタしている。
これでめでたく六匹となった。「料理しますので部屋で待ってください」。
「つかまえた鮎は川に戻さないでください」の注意書きに後で気づいた。

受付時にフライ三匹と塩焼三匹と注文してあった。
ところが持ってきたフライが山盛りだ。もしかしたら間違いではと聞くと「二枚に卸してありますから」。なるほど3×2=6ね。
フライも塩焼もアツアツで美味しい。ご飯とビールがすすむ。
川が見下ろせる窓際で食事する。目も涼しく、部屋は冷房が効いて極楽極楽。

受付の前には鮎が泳ぐ生簀があった。店のおばさんがタモで鮎をすくっている。
注文が入ると、ここで鮎をすくい秘密の場所から流すのだろうか?
f0234728_21371224.jpg

by feliza0930 | 2013-08-21 21:44 | ・TRAVEL | Comments(0)