●注目株アレックス!~アメリカンアイドル13

American Idol Season13、ハリウッドウィークが終わった。
ジャッジが選んだ31から視聴者がラスト2→1を投票し30。
顔ぶれを見ると、女性は別として男性。見た目では絶対選んでいないでしょというくらい微妙。
ゲイとおぼしき人は必ずいる。大抵、マッチョなのに仕草がオネエ系。
客席を前に緊張からか音を外し、これが何万人の挑戦者から選ばれた?とガッカリする人がいるのもいつものこと。

毎年ちょこっとずつルールが変わる。
シーズン13はジャッジが30人から、客席を前に歌う20人を選ぶ。そこから視聴者投票に委ねて10人。
敗者復活で+3人。TOP13が出揃った!
今年は女性のゲイ(いわばレズ)が番組で前代未聞のカミングアウト。意外に保守的なアメリカ社会で裏目に出ず、ベスト13にランクイン。
f0234728_1248524.jpg
<番組公式HPより>

アレックス、私の一押しとなりました。
12の楽器を使いこなすアーティスト。
シリーズ10の、同じくアーティスト系ケイシーはハスキーなうなり声が耳障りのときがあったが、アレックスの美しいファルセットにはつい聞き入ってしまう。歌は上手いだけではダメ。人を惹きつけるものがあるかどうかだと力説するジャッジ達も大絶賛だ。
会場をまるでアレックスのライブに変身してしまうグルーヴな演奏。
客席と目を合わせないのが欠点だとコーチが指摘する。だがそのシャイさが、うるさいほどアピールし過ぎる他の挑戦者の中で、逆に際立つ個性と映る。
「自分はアメアイの求める像と違うとは思うのだけど」。ベスト30を告げられた時もビックリしている様子だった。イケメンではないが、控え目さが応援したくなるキャラだ。

いよいよ波乱含みの本選突入だ。
by feliza0930 | 2014-03-03 13:01 | ・MUSIC | Comments(0)