カテゴリ:・DRAMA( 24 )

f0234728_1144627.jpg林芙美子と言えば『放浪記』。ギネスブック並みの公演回数記録を打ち立てた森光子の功績が大きい。だが、その後の林芙美子はあまり知られていないのではないだろうか。
井上ひさしは『放浪記』以降の林芙美子の半生を劇にした。

戦争中は前線記者として軍国小説、戦後は反戦小説を書き、時には変節の俗物として評される芙美子を大竹しのぶが熱演。
戦争は儲かる、日清戦争の補償金で産業が振興。戦争は国の描く物語。林も、お国のために喜んで命を捧げよと人々を戦地に、イケイケどんどんの小説を書く。しかし”太鼓たたいて笛吹いて“人は幸せになったか。戦地に赴いた兵隊の多くは餓死、病死。神となって靖国神社に奉られても、大黒柱を失った家族はろくに食べられないひもじい生活。
芙美子は戦後は一転、明るい小説を書くことを求められる。それが国の描く物語だから。
だが、芙美子はもう同じ轍を踏まない。傷痍軍人、戦争未亡人、戦争孤児に焦点を当て物語を書く。寝る時間を惜しみ命を削って書き続け47歳で心臓発作で亡くなる。

井上ひさしは天才だ。言葉の天才だ。
一方、井上は遅筆で有名だった。だがそれもよくわかる。音楽劇としても全くよく構成され、一分の隙もない。
面白おかしく、哀しく、見る者に感動とひっかき傷を残す。
「難しいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く、面白いことを真面目に、真面目なことを愉快に、そして愉快なことはあくまで愉快に」(井上ひさしの言葉)

昨年、特定秘密保護法案が制定された。
日本は一体どこに向かっているのか。
誰が物語を書いているのだろうか。誰が太鼓を叩き、笛を吹いているのだろう。
2008年初演、今年で4公演目。
井上ひさしの劇は時を経てもいつも新しい。
駅のプラットホーム
『潮騒のメロディー』を歌いおえたアキとユイ
「しょうがないな。いっぺん間違えたもん」
「わたしも。今までに一番やばかった」
「まだまだ完成しなくていいべ」
「うん。明日も明後日もあるもんね。」
「明日も明後日も来年もある。
(線路を見る)今はここまでだけど来年はここから先も行けるんだ。」


あまちゃんが終わった。
今日から普通の朝ドラが始まり
普通の朝がきた。

f0234728_1844483.jpg

<NHK「あまちゃん」公式 HPより>
あまちゃん』の快進撃が続く。雑誌にはあまちゃん記事が毎週、踊る。
私の周りでも『あまちゃん』見ている人が多く、体感視聴率は50%くらいだ。老いも若きも男性も女性も見る文字通り国民的朝ドラになりつつある。

人気の秘密の一つに「笑い」があろう。
あまちゃんの笑いには基本的には言葉遊びが多いが、はずせないのがマニア向け笑いだ。花巻さんの笑いを理解するには洋楽の知識がいる。それから台詞はないが、小道具に込めた笑い、これが実は曲者なんですよね。
勉さんに弟子入りしたが、実はスカウトマンだったことがばれ去った水口。琥珀には1ミリも興味もなかった水口が琥珀を手にしてせっせと磨いている今日のシーン。二度目視聴で琥珀に気づきました(笑)。

f0234728_23323117.pngクドカンは1話に笑いをこれでもかと詰め込む。
以前、『吾輩は主婦である』のDVDを友人に貸した。友人は三、四話まとめて見たら濃すぎてすごく疲れたと言った。クドカンドラマは、牛のように反芻しながら少しずつ見て味わうのがちょうどよいのだろう。

とにかく『吾輩は主婦である』でクドカンワールドにはまった私は『あまちゃん』ブームの今、ちょっと鼻が高い。『吾輩』は昼ドラだったからか、残念ながら世間の認識度は今一つである。
『あまちゃん』でクドカンのファンになった人に是非見てもらいたいドラマである。

*『吾輩は主婦である』にはクドカンお気に入りアイドルNo1.の斎藤由貴が主演している。
今日は4月1日月曜日。NHK連続ドラマが始まった。

純と愛』の視聴はとっくに脱落していたが、最終回は見た。
「ああ、やっぱりこのドラマ、途中で切って正解」と自分の判断が間違っていないと思った。何ですか?愛の〇分にわたるモノローグ。あんなに主役に語らせたらダメでしょう。

「従来の朝ドラの枠を破る」。確かに枠は破ったかもしれないが、奇をてらいすぎた稚拙なジェットコースター脚本だった。
ハートウォーミングなストーリーという触れ込みだったのにもモノ申したい。
不幸のてんこ盛りで朝からどんより気分になった。
寝たきり夫と認知症の進んだ母を抱え、ホテル再建をしなければならない純に明るい未来はあるのだろうか。

さあ、四月だ。古いドラマはもう忘れよう。
どれどれ。爽やかそうだ。小ネタで責めるクドカンらしさもあちこちに出ていた。期待できるかもしれない。

夏目漱石が乗り移った主婦がヒロインの『吾輩は主婦である』は私の気に入りのクドカンドラマである。
DVDまで買ってしまったほどだ。
『吾輩は・・』は昼ドラを超えた抱腹絶倒の傑作ドラマだった。
だが、次に見たドラマは理屈っぽくて全然面白くなかった。あれもキョンキョンが出ていた。クドカンの笑いは癖があるので、ホームランか三振になるという恐れがある。

それでも『あまちゃん』は不快指数の高かった『純と愛』の後だ。それだけで好発進したようにみえる得なドラマだ(笑)。
背中視聴だったはずなのに・・・
祝日の朝、まだ起きてこない夫の席に座ってしまったのが運のツキ。
つい見てしまった『純と愛』。
衝撃的な回だった。

後から起きてきた夫がビデオをつけて
「精神科の先生、やさしいね」と言うので「黙ってもうちょっと見ててよ」。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
「薬を要らないと言うなら私の本性が見えますか。」と愛を試そうとする医者。
愛は医者の心の声を声色使って「あ、めんどくせい。こっちは忙しいんだよ。どうせ統合失調症なんだから薬もらってとっとと帰ればいいんだよ、お前の母親のコネがなけりゃ診察なんてできなかったんだぞ。うちの病院はどれだけ有名でどれだけ予約がとれないかわかっているのか。」
これを聞いて顔色を変える医者。
愛、今度は声のトーンを下げ「この病院、奥さんのお父さんにお金を出してもらってもらいましたよね。受付の女の子が気になっているけど、あなたはちょっかい出せなくて我慢している。」
ぎょっとする医者。なおも愛は続けて医者の顔をのぞく「うわぁ、あなた、犯罪スレスレのこともやっていますね。なんだったらここで、でかい声でばらしましょうか」
思わず愛を制止する医者。「もう結構です。いい加減にしてください。」
逃げようとする医者を追いかける愛。「待てよ!合っていますよね。合ったんだったら、おれ病気じゃないですよね」
--------------------------------------------------------------------------------------------------

お、おそろしい。キレた風間の狂気、怪演に目が逸らせれなかった。
スネに傷ある全国の医者たちが今日の放送を見たら、首筋がヒヤッとしたに違いない。
いや、ヒヤっとした者は医者だけではなかろう。
本心全部さらけ出されるとはこういうことなのだ。
その恐しさを知った凄味があったシーンだった。

怖いもの見たさで来週も視聴することにする。
結局、脚本家の思うつぼだワ(汗)。
f0234728_22422776.jpg

                               <見ざる言わざる聞かざる>
(「愛」と書いて「いとし」と読む)は人の心を読めてしまう読心能力の持ち主、妹のは人の匂いが気になりマスクなしでは過ごせない異常臭覚、父は耳鳴りがやまない異常聴覚・・・
家族四人のうち三人が異常な性癖の持ち主。ここまで揃えばさすがの私も(何が"さすが"かわからないけど(笑))白ける。
息子(愛の弟)を失い鬼母と化した母の描き方がいかにも劇画チック。おどろおどろしすぎて笑えるほどだ。
愛が、実家から追い出され持ち出した唯一の物が絵本『ねむり姫』。
いくら大事な本とはいえ、大の男の宝物が絵本とはね。
鬼妻に委縮した日々を送る父はホテルで若い女と浮気。いかにもの頭が軽そうな女。トラウマを抱えたはずの父なのに説得力がない。
ヒロインと愛は既に同棲を始めている。
内容はドロドロなのに、描き方と人物像が中高生の見るドラマのように軽くて薄~い。
やり過ぎデフォルメに劇画的。ミタさんもそうだったけどね。

平凡な人生に非凡を描くのは難しい。
このドラマのように非凡な人生に普遍的な人間性を感じさせるのはある意味、もっと難しいのかもしれない。ディテールの派手さについ頼ってしまうからだ。
妊娠、中絶騒動、手切れ金、同棲にサイコな能力。NHK朝ドラでは画期的なのだろうが、設定だけ新しくても深く描かないと視聴者はついてこない。

ドラマが始まって一ヶ月。
なぜか夫は気に入っているようで毎朝、テレビをつけているが、私はもはや背中視聴。(テレビに背中を向けて音だけ聞いている状態)
親との本格的な闘い前に完全視聴脱落も時間の問題のようだ(-_-;)。
といっても我が家の家族ではない。(そういう時もあるが・・・・)
今日のNHK朝ドラの『純と愛』である。

妊娠してしまった兄の恋人に説得(!)してほしいという母親の頼みで無理やり帰郷させられたヒロイン純。
責任を取ろうとせず逃げまわる兄、困ったことがあると娘に頼り切る母、周りに甘えてばかりいるフリーターの弟、そんな末っ子にねだられるままに小遣いを渡す母、父は長男を諭すどころか恋人に手切れ金を渡す。
家族からは修羅場になったのはヒロインのせいだと責められ、兄の恋人にも逆恨みされお金を叩き返される。ヒロインならずとも私も(こんな家族はもうイヤ!)と叫びたくなる。

軽いノリの朝ドラと思っていたが、やはりミタさん脚本家によるドラマである。エゴな家族の描き方がキツイ。朝からこんなシーンを見せられどんより気分が悪い。だが、それも脚本家の想定内なのだろう。
ミタさんのように、家族を徹底的に壊し再生させるのがテーマの一つかもしれない。
同時に脚本家はみんなの期待する「朝ドラ」イメージも叩き壊そうとしている。しかしその代償に従来の朝ドラファンが脱落していることであろう。

数年前、ひどい家族を描いた映画を見た。
憤慨したら知人は「家族が悪いことは悪いとは限らない。親が反面教師となって成長するかもしれない。家族の仲がよくて居心地がよすぎるのは子供にとっていいとばかり言えない。」と言う。怪訝な顔をしたら「仲が良すぎると他人を入れない、排他的になる恐れがある。」。<仲の良いこと=素晴らしいこと>としか考えたことがなかった私は大変驚いた。でも家庭の居心地がよすぎると、子供たちがいい年になってもなかなか家から出られないというのはあるかもしれないと思った。

ヒロイン純の母の目はいつも息子に向いている。『カーネーション』のおかあちゃんのように優しくくるんでくれない。父は『カーネーション』の善作のような愛すべきキャラではない。善作は娘に厳しく接していたが一本筋が通っていて心底では娘の理解者であった。
だが、純がいくら(もうイヤ)と言っても家族とは縁は切れない。それが家族。どうしようもない家族でも家族だからだ。

純はこのどうしようもない家族と闘ってどう成長していくのだろうか。異色作『純と愛』の見どころはどうやらストーカー「愛」ばかりではないようだ。
f0234728_22214410.jpg

                                 <博石館にて 大理石の椅子>
NHK連続ドラマが始まった。
毎日見ているのだが、これは本当にNHKの朝ドラ?と変な感じがする。

カーネーション』のヒロイン不倫で驚いたのはついこの間の話だが、『純と愛』はそれどころでない。
「エッチ」「う〇ち」。NHKにはふさわしからぬ台詞がばんばん出てくる。恋人を妊娠させたヒロイン兄、中絶強要とも暗にとれる展開は朝にはヘビー過ぎる。そのくせ漫画チックな軽いノリのドタバタ。まるで民放のドラマを見ているようだ。

純と将来、絡むであろう愛(愛と書いて「いとし」と読む(笑))のキャラ設定もチープだ。
人の本心が見えるとは、オダギリジョーの『サトラレ』の変形バージョンとしか思えない。
一枚ずつ剥いで登場人物の本心をあらわにして描くのが脚本家のお仕事。
それを超能力で一言で片づけるなんて手抜きもいいところ。

そう、手抜きと言えば記憶喪失。記憶喪失と言えば『冬のソナタ』。記憶を失ったのに立派に設計士の仕事をこなす(笑)ペヨンジュン。記憶喪失を使えば何でもありのストリーとなる。その上、新しい記憶が植えつけられるなんて今、思えば安直な脚本なのにどうしてはまったのだろう、忘れたい過去です(笑)。
人の気持ちを読むサイコな才能と記憶喪失はドラマの禁じ手だ。
そう思うのではあるが、時計代わりマイルド味の『ザ・朝ドラ』には全然そそられない私はこの変な朝ドラがどこにいくか興味がある。
ストーカー(?)愛も気になり、とりあえずチャンネルを合わせる午前8時です。
f0234728_7542038.jpg



*ところで、ヒロインが叫ぶ「おじい!」が高嶋政伸の「姉さん!事件です」(『ホテル』)を思い出すのは私だけでしょうか?
夏木糸子の「ツイカラ(力)」、関西弁が変だと文句をつけていたが、文句は愛情の裏返し。なんやかんや言いながらも最後まで見た『カーネーション』だった。
「死にました。(でも娘たちよ、悲しまないで)うちはおる。あんたたちの傍、空、緑、光・・」。
終わってしまえば夏木糸子編も決して悪くなかった。ただもう少し深さとスピードがほしかったと思う。
録画してあったNHK『アーカイブズ生涯青春 小篠綾子の人生』を見直した。日記に記されていた、体がどんなに悲鳴をあげても、一生懸命働いているスタッフの前では愚痴ることができないつらさ、人に新しい話題を提供できるようにと常に努力していたエピソードは是非入れて欲しかった。
f0234728_1152529.jpg
<APAホテルからの展望>

最近、またスポーツクラブに行くようになった。ところがウェアや靴を入れる適当なバッグがなかなかない。中高生が部活に持っていくスポーツバックはいくらなんでもちょっとね。
大きくてファスナーがついていて軽くて撥水加工したもの。条件にぴったりのが灯台下暗し、実家にあった。母が晩年、週一回通所リハビリに通う時、持って行っていた鶯色のバッグだ。几帳面な母はきちんと荷物を詰めて出かける前日には下駄箱の上に置いていた。

あらためてバッグを眺めた。何度も見ているはずなのに今までどうして気付かなかったのだろう。ポケットの下に『MICHIKO LONDON』のロゴがあった。「うっそー!聡子のだ!」
母も『カーネーション』を見ていたような気がした。
糸子役が尾野真千子から夏木マリに交代して一週間がたった。

今まで糸子の周りにいた者は三人娘をのぞき全員あの世行きだ。
彼らはモダンになったリビングルームのサイドボードの写真ギャラリーの中にいる。
高齢だった糸子の母親はわかるが、糸子と大して年が変わらないようにみえる恵や昌子、八重子さんや北村まであの世だ。糸子は72歳。昭和60年代はもう充分、高齢化社会に突入している。糸子とそう年も変わらないものが生きていても全然おかしくない。

せめて北村だけでも生かしてくれたら、ちょっとはドラマの雰囲気も違っていただろう。
まるで違ったドラマを見せられているようだ。
あのはつらつとしたカーネーションは一体どこに消えたのだろう。
モダンだが寒々としたリビングルーム。商店街はシャッター街に見える。金券ショップと不動産やのお兄さんだけがご近所さん。
夏木マリ、岸和田弁と年寄りを意識してかわざとゆっくりに語るナレーションがねちっこい。演技も尾野糸子ならこうだっただろうにとつい脳内変換してしまう。

しかし、渡辺あやが本当に描きたかったのはこの1ヶ月だと言う。
先週末、善作を登場させてテレビの前の視聴者に涙をこぼさせたところでラストにすれば
確実に後生に残る名作ドラマになっていた。
敢えてそうさせず脇を全部あの世送りにしてまで彼女が描きたいのは一体何だろう。
こうなったらそれがわかるまで私は見届けますよ。

f0234728_12262696.jpg

<桑名のあられ屋さん>

*この違和感は夏木マリよりNHKの責任が大きいと思う。
制作発表の時に子役から三人並ばせておけばいいものを今年になってからいきなりの不意打ち。段取り悪すぎです。視聴者不在と言われても仕方がないと思う。