<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

キューバと言えば、忘れられない映画10本、いや5本の指に入る『苺とチョコレート』がある。
初めて見たのはもう10年以上前のことだ。今はもうなくなってしまった懐かしいゴールド劇場で見た。昔は一階はパチンコ店だったんですよね。
上映中のフィルムトラブルのお詫びということで、ラッキーなことにもう一回鑑賞できるチケットをもらった。もちろんもう一回、見に行ったのは言うまでもない。
友達からBS放送を録画したビデオをもらい、数年前には廃盤になっていたDVDを中古ではあるがとうとう手に入れた。私のお宝DVDである。
『苺とチョコレート』はいつでも私の傍にいる。

その『苺とチョコレート』の主演俳優が『セブンデイズ・イン・ハバナ』に出ていると聞いた。
同じく『苺とチョコレート』を愛する友達と、友達の友達と総勢4人で見に行った。
f0234728_19241335.jpg

『セブンデイズインハバナ』は月曜日から日曜日まで七日間に起った出来事を一日ずつ七人の監督が描いた映画だ。オムニバスかと思ったら三つくらいがつながった中途半端な(失礼)オムニバス映画であった。

月曜日『ユマ』。アメリカからキューバに映画の勉強に来た青年。空港で拾ったタクシーの運転手に強引に誘われ彼の住んでいる家へ。そこの娘に色目を使われる。卵とバナナのキューバ家庭料理を御馳走になるがあまり美味しくない。娘に誘われていったクラブ。言葉が通じなくてナンパはことごとく失敗。ただ一人誘いに乗った背の高い女性。自分の泊まっているホテルに彼女を誘う。女性はやってくるが、ホテルのフロントに呼び止められ身分証の提示を求められる。女性は男性だった(いかつい体からどうせそんなことだろうと思ったが)。彼女に(彼に)記念にとねだられるままに帽子を渡す。彼女は去っていく。The End。え、それで何が言いたいの?大して面白くない展開にだんだん眠くなる。隣の席からはスース―寝息が聞こえてくる。

火曜日のことは全然覚えていない。ところが映画のあとのお茶で、映画通の人が火曜日の『ジャムセッション』が一番良かったと言う。ネットレビューにも火曜日が最高だったと書いてあった。なんてこった、一番よいのを見逃してしまった。悔しい。

水曜日『セシリアの誘惑』は眠くはならなかったが、感情移入しにくくわかりにくい。

木曜日『初心者の日記』これが一番の曲者。あるジャーナリストがキューバの指導者のインタビューをしようとする。ところが公邸に何度行っても留守。公邸の部屋のテレビには指導者の演説がいつも流れている。ジャーナリストはホテルに戻っても海に行っても何もしゃべらない。ただ無言で人々を眺めている。さっぱりわからない。
スペイン通の友達の「カストロの演説が長いのを皮肉ったのじゃないの」と言う。実際、カストロの演説は何時間も続いたらしい。テレビに映っていた指導者は細かったので病に倒れた晩年のカストロだろうか。
金曜日の『儀式』となるとチンプンカンプンお手上げ状態だ。

一体、いつ『苺とチョコレート』のホルヘ・ペルゴリアが出てくるのだろう?
残るは土曜日と日曜日しかない。
土曜日『甘くて苦い』が始まった。中年の夫婦二人の日常。特徴のある声は『苺』に出てきたエキセントリックな女性。彼女もこの映画に出ているとは知らなかったが、あまり変わっていないのですぐにわかった。
男性は、いや声は似ているけどあまりに顔も体形も髪も違う。もしかして声がちょっと違うけど似ていないこともないこちらの若い青年かも・・
ああ、でも時の流れは残酷なもの(ーー;)。禿ていてお腹が出たデブなオジサン。あの時の繊細な芸術家青年ディエゴの面影がみじんもないこのオジサンがホルヘだったのだ。ショックだ。

日曜日『泉』は宗教の知識がないと唐突なお話だった。
それぞれのエピソードに流れる音楽も重要なテーマのようではある。確かに音楽はよかった。
あまり深く考えずに七人の監督の個性と感性を楽しみ、なかなか行くことができないキューバの風景と音楽に浸る映画なのかもしれなかった。ぶった切られた七つのエピソードをもう少し丁寧に描いてくれたら違っていたかもしれない。

ともかく『苺とチョコレート』が非常に優れた映画だっただけに、ちょっと期待外れのキューバ映画であった。
ま、たまにはそんなこともあるよね。


*日曜日の『泉』は睡魔と闘った『パリ20区、僕たちのクラス』の監督だった。あれよりは体には悪くなかった(笑)。
そして問題の土曜日『甘くて苦い』が『苺とチョコレート』の監督であった・・・・。
内容の深さは比べてみるまでもない(ーー;)
最強の二人』のヒットに隠れて今一つ地味な印象の映画であるが、『最強』に負けず劣らず良作であった。後味が良くて勇気が出る。そして・・・

ロンドンオリンピックが終わって2ヶ月近くなる。期待以上の日本チームの活躍に日本中が沸いた。銀座のパレードには50万人もの人々が沿道を埋め尽くし熱狂した。
残念なことがただ一つだけある。影を落としたのがサッカー男子日本×韓国の三位決定戦での一連の出来事だ。
韓国とは勝っても負けても後味の悪さが残る。
韓国との間には不幸な歴史が横たわっているからだ。
彼らは歴史教育で理論武装している。それが真実かそうでないかは別として。
f0234728_1364359.jpg

19世紀後半、イギリス留学したコッホ先生がドイツに帰国して赴任した学校では歴史教諭が帝国主義のもとで徹底した反英教育を行っていた。「イギリス人は卑怯だ。野蛮だ…」
コッホ先生はサッカーを通して英語を教え、子供たちはフェアプレーとスポーツマンシップを学んでいく。
敵味方に分かれる運動は野蛮、スポーツと言えば器械体操しかなかったドイツだが、子供たちはサッカーに夢中になり、労働者階級の子供との間にも仲間意識も育っていく。しかしサッカーを反社会的なスポーツととらえる大人たちはコッホ先生を追い出そうとする。「ドイツ人は思っていた以上に頑固だった」と言い残し、学校を立ち去るコッホ先生の前に・・・

ドイツサッカーの父となったコッホ先生は実在の人物である。
コッホ先生はスポーツは階級と人種を超えることをサッカーを通して子供たちに教えた。


「オリンピックが、スポーツが政治と関係ない」とそんな理想論はもはや言うまい。
だけど、私はやっぱりスポーツマンシップはずっとあってほしいと願うのである。
はい、もちろん、中高生のクラブではないですよ(笑)。

サークル仲間にクラブに誘われた。「怪しくないから」と言われ、同じくサークル仲間の連れと社会見学のつもりで行く。
彼女に近くに迎えにきてもらって来てもらって助かった。大通りから一筋入ったかなり古ぼけた小さなビルはちょっとやそっとで見つけられそうもなかったからだ。
三人でエレベーターに乗って最上階へ。
重い扉を開けると鉄格子の窓。格子の穴から手を出してチケット購入。売っている人の顔が見えない。やっぱり怪しい・・・と警戒する。値段はドリンク券2枚付きの割には良心的。
中に入った。通りに面した窓があって明るい。拍子抜け。客はギャルもギャル男もいなくてアラフォー世代か。ミニで頑張って(?)いる人もいたけどわりと地味目ファッション。時間が早かったせいか客はまだら。クラブは10畳くらいの大きさだろうか。
バーカウンター。壁際にはカウンターチェアー。ホールとDJブース。
既に音楽がガンガンかかっていた。曲の切れ間もないんですよね。スクリーンは音楽とは全然関係ない映像が映っていた。
連れの声が聞こえないので「え?え?聞こえない。」と声を張り上げる。

ドリンク券を引き換える。せっかくならと飲んだことのないものをと『レッドアイ』というのをオーダーしたら「トマトジュース+ビール」。変な味!トマトジュースだけの方がよっぽどマシだった。
カウンター椅子に座って飲みながらホールを見る。GパンにTシャツ姿の彼女は常連さんらしく友達を見つけては「元気?」と近寄っていく。
お気に入りらしい曲がかかると「キャー!」と人が変わったかのようにホールに飛び出して踊っている。
f0234728_16365019.jpg

                                  <マカオ ホテル・ウィーン>

「これは音楽じゃない、リズム」と連れ。
私はそこまでは思わなかったけど、踊るわけでもない、うるさくておしゃべりもできない。ただぼーっと踊る人を見ているだけというのもね。私たちは早々と退散することにした。「これからなのに・・」と彼女。

「今日はクラブ活動」なんて意気揚々と出かけたのに8時前にはお開き。それも一旦、外に出ての食事タイム含めてですよ。
クラブ活動を早退したのに翌朝は喉が痛かった(-_-;)。
今年は日本スリランカ国交樹立60周年、そして鈴鹿市制70周年。
知人に誘われ『スリランカ・フェスティバル』の舞踏公演に行ってきた。
f0234728_732217.jpg

チャンナウプリ舞踏団はスリランカでも有名な舞踏団らしい。ありがちな観光客目当てと思っていたらとんでもない、レベルの高さに驚いた。来日14回目。いつも新作をもってくるそうだ。
総勢15名。女性ダンサーの美しいこと。スタイル抜群。衣装もきらびやかで目でも楽しませてくれる。
男性の方はなよっとした動きの印象。ドナルドダッグのようなコミカルな腰の振りもあって一人でクスクス。
途中、ナマハゲみたいな仮面をかぶって後部客席扉から登場した。「きれいね」「暑いね」と階段を下りながらお客をいじって最前列へ。座っていた女子高生を舞台に上げてダンスという余興もあった。
スリランカの打楽器を操った太鼓チームはジャズの掛け合いのようなセッション。
ライオンに扮したダンスはラインオンキング風。
恋する教え子に哲学的なアドバイスするダンス教室の師。そんな劇仕立ての舞踏は現代的な音楽が使われていた。公演はバラエティーに富んだ演目であった。

太鼓の音が佐渡の太鼓のようで、盆踊り風ダンスもあったり、演歌風の調べもあって不思議なことに民族芸術はどこか日本と共通のものを感じる。

踊りの合間に来賓あいさつがあった。
スリランカ大使は「サンフランシスコ講和条約の時、日本の賠償を必要ないと最初に言ったのはスリランカ。後のアジア諸国もそれにならった」「東日本大地震で多くの大使館の人間は一時帰国したが、スリランカだけは逃げなかった。」などなど出てくる出てくる。アピールが凄いのには驚いた。
これが外国で日本大使がイベントに出席した場合どうなるだろうか。
例えその国に多くの援助をしたとしても「日本が〇〇国に微力ながらお役に立てることができて光栄です」と控え目に言うのではないだろうか。
これからの国際外交、スリランカのような強気なところが日本に必要なのかもしれないと思った。

f0234728_21514559.jpg←<フェスティバルでもらったお土産の紅茶>









<スリランカ瓜 別名ヘビウリ>下は胡瓜。
今後、鈴鹿市から発信する予定の野菜である→f0234728_2152324.jpg
あなたはどんな時に夏の終わりを感じますか?
私は・・・・
コンビニの棚から一つ、また一つとミント菓子が消えていくのを見ると(ああ、今年も夏も終わりだなぁ)と思います。
思えば今年はミントの新製品がたくさん登場しました。
f0234728_21235436.jpgf0234728_21243851.jpg
ミント菓子愛好家(笑)として必ず一回はお味見をするのですが、今、思い出しても悔しいのは『ミントメロンパン』を食べなかったことです。コンビニで見かけてちょっとギョッとしてさすがの私も買うのをためらいました。
「また今度にしよう」。
でもやっぱり食してみなければと次に行ったらもう店頭にはありませんでした。どんな味だったのでしょうね。
恐らくあまりに売れ行き不振で店長さんがソッコーで入荷をやめたのでしょう。

ミント菓子が消え、なんやかんやでもう9月の半ばです。
「二人の絆は今も強い」
エンドロールに文字が流れた。
画面に映し出される車椅子に乗る男性と後ろに立つ男性。映画で何度も見たショットだが、後ろに立つ男性が黒人ではない。「これは実話を基にした話です」

「あ!この映画、実話だったんだ」
驚きでちょっとクラクラした。
f0234728_940074.jpg

昨年度、フランスで興行成績が一番だった映画である。
新聞や雑誌でも前評判が高かった。

レディースディーでもない平日の昼間にも関わらず混んでいる。公開からまだ5日目なのに早々とパンフレットは売り切れ。どうやら元気になれる映画らしい・・・と口コミもあるのだろうか、上映を待つ老若男女の人々の顔からはそんな期待が窺えた。

半身不随の男と介護する男の物語と言えば、地味な映画をイメージするかもしれないが、いわゆる正統派ヒューマンものではなかった。
荒唐無稽な痛快ストーリー。(だから私は実話ベースと知って驚いたわけだ)
半身不随の男フィリップが億万長者だから、自家用ジェット機、パラグライダー、サロンに楽団を呼んで誕生日コンサート、高価な美術品がゴロゴロしているロココ調の部屋。
派手な演出が見ている者を暗くさせない。

スラム街に住むお調子者、失業保険目当てのドリスには介護経験はない。
でも怖いもの知らずで介護は手荒。寝たきりフィリップに同情しない。
だがフィリップは、手荒だけど優しい心が感じられるドリスといるのが心地よい。
サシで向かいあう二人にいつの間にか固い信頼が・・・。だが家族のことで悩むドリスに、フィリップは告げる。
「君もわかっているだろう。介護は君の一生の仕事ではないこと。もう失業保険ももらえるだろう。さあ、行きたまえ」。
そして・・・

時折、いい加減男ドリスが目を翳らせる。詳しい描写説明はないのだが、それがただのハチャメチャ映画にさせていない。

クラシック楽団員と踊り出す『アース・ ウィンド&ファイアー』はお気に入りシーン。音楽もサイコー♪
『最強のふたり』、サイキョー映画です!お勧めです。

さあ、次は、やっと名古屋公開が決まった『Win Win』。こちらは「ダメ男とダメ少年の最高の日々」。あら、『最強のふたり』になんか似てますね(笑)。