「死んで金を残す者は下だ、仕事を残す者は中だ。人を残す者は上だ」
後藤新平が脳溢血で倒れた日に言い残した言葉だ。
後藤は医者から衛生局長、台湾総督民政長官、満鉄総裁、東京市長、通信大臣、内務大臣、外務大臣を務めた。ボースカウトの創始者でもあり、日本放送の父でもある。
ならなかったのは総理大臣だけと言われた男。
あまりに時代を先ゆく構想の大きさに大風呂敷と揶揄された男。

「会議に出ている以上は下手でもいいから自分の考えを喋れ。黙っているだけの奴は会議に出るな」
彼の言葉は気概にあふれている。
彼の都市計画は先見性に満ちている。
彼の外交姿勢、政治論理、行政改革は今なお通ず。

初の衆議院議員立候補を要請する者に、後藤が返した言葉が
「東京には内容のない政治家が増え、地方の選挙区に居候するものがいる。政党の手先になって身を誤るな」

日清戦争帰還兵の検疫に対して行政手腕発揮し、台湾総督民政長官へ。
施政演説をあえて行わず不言実行。
生物学原則』(無理に変更すれば反発を招く。状況に応じた施政が必要)に則った麻薬駆逐方法は大胆かつ現実的だった。阿片を禁止せず許可制にし、高く課税して徐々に減らす。
大幅な人員削減と組織の簡素化で経済改革をする。徹底した調査によるインフラ建設進め、『台湾近代化の父』と呼ばれている。
1906年、満鉄初代総裁。
「午後3時の人はほしくない。午前8時の人がほしい」と若手起用。
『生物学原則』の則ってインフラ整備、衛生施設拡大。
満州での利益を独占せずアメリカと新たな路線をさぐり反日勢力を弱めようとする。
後藤の外交センスには舌を巻く。
1920年、東京市長就任。震災後の大規模な都市復興計画(幹線道路の整備・公園・区画整理)は世界最大規模。今日の東京の骨格を作る。
1923年、内務大臣としてロシアとの関係修復しようとして日中露の関係の強調を説く。

大胆で先見の明がある、常人ならぬ彼のDNAは孫の社会人学者の鶴見和子、哲学者の鶴見祐輔に脈々と受け継がれている。

NHKの大河ドラマも、手垢にまみれた(歴女の皆さま、ごめんなさい。)戦国時代ばかりでなくて近代史を扱えばいいと思う。後藤新平を主人公にすればきっと『坂の上の雲』のようなスケールの大きいドラマになると思う。
近代史には、膠着した現代にはなかなか生まれない逸材がまだまだ眠っている。
f0234728_054215.jpg
尚、私、本日をもって後藤新平ファンクラブ入会です。会員は一人(笑)。
ファンクラブ会則:
その1 後藤新平の精神理解に努めること。
その2 いつの日か岩手にある『後藤新平記念館』に行くこと

*有識者(?)に疑問をぶつけた。
後藤新平を研究している人は多い。しかし近代史を大河ドラマで扱うとなると、侵略や植民地政策を描かざるを得ない。「あえて火中の栗を拾う」ことはしないのではという説明だった。
近代史をタブーにせず、どんどんドイツのようにオープンに描いたらいいのにと思う。避けていては何ものも生まれない。
<エピソードⅡ>
カメラマンの青年が通りがかりの女性に一目惚れ。仕事先を突き止めた彼はファインダーごしに彼女を見つめ続ける。

初めは警戒していた彼女だが、いつしか恋人に。
しかし、彼への気持ちに自信がもてず姿を消す。
失意の彼も町を去り・・・
時がたち、ある町で偶然、再会する二人。
ねぇ、縁って信じる?
彼の部屋のベットでの会話。

翌朝、彼女はパジャマのままお鍋をさげ、広場の屋台に朝ご飯を買いに階段を降りる。
アパートの部屋に戻ると違う人が出てくる。棟を間違えたのか。隣のアパートへ。ノックするが知らない人が出てくる。階段をかけ降り、隣のアパートへ、そして隣のアパートに・・・・
途方にくれる彼女。
広場に鍋をさげ、立ち尽くす彼女と、広場の周りに林立する高層アパート群を、カメラがグルグル回って映し出す。
シュールなラストに痺れます。

ねぇ、縁って信じる?
f0234728_20291059.jpg

エロい映画ではありません(笑)。

中華映画ファンの友達が貸してくれたDVDの一つ。
彼女のお陰で随分、香港、台湾や中国映画を見た。
友達レンタルのよい点は返却期限を気にしなくてもいいこと。そうはいっても借りてからだいぶ経つ。年内には返したいので、久々のDVD映画鑑賞です。

1998年の中国映画。オムニバスストーリー。

<エピソード1>
看護婦を定年退職した中年女性が、伴侶をテレビで募集する。
応募してきた人達と会うが、いまいちピンとこない。
そこで娘が母に内緒で一計を案じ、三人の男性を選んで家に招待する。
そうとは知らず男たちは手みやげをもって訪ねてくる。
困った母に、娘は「麻雀でもしたら」と言って買い物に出かけてしまう。
麻雀に興じるうちに個性や人柄がでてくる。頃合いを見て娘も買い物から戻ってくる。
ダンス、楽器、料理と三人は得意な分野を披露し話も弾む。「独り身の寂しさ」をちょっとグチりながらも、男たちは次はうちに来てくださいと約束している。
母は母で久々に楽しいひとときを持てたと涙ぐむ。そしてみんなで記念写真。ハイ、ポーズ。

結局のところその三人とは結婚せず、その後、知り合った習字の先生と結ばれるところで終わる。

夫とは生別か死別かも説明もないし、そもそも上品な婦人がなぜ公開お見合い?とは思うけど、多分、
娘が背中を押したのだろう。
三人の男性は友達になってお互いの家を行き来するだろう、女性との間にもきっと友情が生まれているに違いない。そう想像すると気持ちが何だかホッコリする。
高齢化社会、こんな話も悪くない。
f0234728_2383988.jpg

日本は海に囲まれている国だ。
お陰で海の幸に恵まれ、私たちは一年中新鮮な魚を食べることができる。
だが海に囲まれているということは、こと日本に関しては、困った問題を引き起こす。国境問題だ。
韓国との間には竹島(独島)、中国・台湾とは尖閣諸島、ロシアとは北方領土が横たわっている。

先日、旅行会社企画による北方領土ツアーがあった。北方領土出身者のための里帰りではない。
ロシア側にビザ発行を請求したということは、北方領土を自らロシアの地と認めたと同義だ。
外務省のツアー自粛方針は徹底していない。それどころか追随する旅行会社もあるらしい。困ったことだ。
竹島問題は日韓基本条約ではふれず、先送りにしたのが火種の元となっている。

国境問題は一筋縄ではいかない。
漁業権や資源に関わるからだ。
日本の政権がころころ替わるのも解決を遅らせている。
政治家には外交手腕を発揮し、現実的な解決をしてほしい。もちろん私たちにも知識が必要だ。
f0234728_1039032.gif

国境問題は外国人参政権にも関わってくると思う。
日本は外国人にとっても住みやすい国にすべきだ。それは絶対そう思う。だが、政治家となると話は別だ。政治家は国益のために働いてくれる人でなければならない。もし外国人に被選挙権が認められたら・・・選挙で選ばれた外国人の自国と日本が戦争したら、そこまでいかずとも国境問題で揺れたら、その時彼(彼女)はどうするか。外国人参政権は議論に議論を重ねばならない。
税金を払っているからと、安易に片づけてはいけない問題だと思う。

一口に外国人参政権といっても、地方自治、国政、それぞれに選挙権、被選挙権がある。どこまで、どの国の人に認めているか国によって違う。

戦争責任を徹底的に追求し認め、移民を積極的に受けいるドイツだがEU加盟国民しか地方参政権を認めていない。国がとるべき責任と、国があるべき政治とをきっちりわけているドイツはすごいなと思う。

日本が日本であるとはどういうことだろう。
国際化を叫ぶ前に考えねばならないことだ。
f0234728_19185663.jpg

誰のことかわかりますか?
実はボーカルデュオ、ケミストリーのことだ。


つい最近、何度目かの再放送されていた某台湾ドラマで、使われていたのがケミストリーの曲。

台湾のドラマに日本語の歌が流れてくるのも不思議だったが、サントラCDジャケットにあった"東洋重量級二人組化学超男子"の文字列もかなり不思議ワールドだった。
多分"東洋重量級二人組"はキャッチコピーなのだろう。
で、その曲は、今は懐かし"Point of No Return

ちなみに、同じく挿入歌を歌っていた The Uncolouredという謎のJ-POP二人組には"三位一体東洋新勢力無色地帯"、中島美嘉は"女神系歌姫中島美嘉"となっていた。女神系歌姫はわかるが、三位一体東洋新勢力とは(顔よし、体よし、歌上手し、アジアニューホープ)という意味か?

何となく意味が想像できる漢字での表し方だが、外来語や名前を無理やり意味づけて漢字語にしてしまう力技に、素直に感動してしまう。


中国語は何だか面白そうだ。いつか習いたいと思っている。
でも一口に中国語と言っても、いろいろもある。

人は「中国語といえば、やっぱり北京語でしょ」と言う。
話す人が一番多いから、つぶしがきくというのがその理由らしい。
しかし、香港映画で聞く広東語は、響きがリズミカルでとてもキュートだ。
キッチュな魅力あふれる香港映画をより楽しむために、広東語学習も悪くない。

また、話す人は少なくなったと言われている台湾語だが、台湾語で話しかけると、現地の人にとても喜ばれるらしい。そう聞くと、台湾語にも心惹かれる。
地方の屋台で台湾語で注文したら、おまけしてくれるかもしれないという不埒な思いもある(笑)。

だから、いざ習うとなると、どの中国語にしたらよいのか迷ってしまい、結局、何年もたってしまっている。


 
*謎のJ-POPユニット"The Uncoloured”(無色地帯)は台湾で人気があったのだろうか?