タグ:熊木杏里 ( 5 ) タグの人気記事

「やっと会えたね」。
中山美穂に初めて会った時、辻仁成が言った陳腐な(失礼!)口説き文句だ。
辻とは全然関係ないけど、23日、私も熊木杏里に「やっと会えたね」。
気がついたら終わっていたり、他の用と重なっていたりとニアミス続きの熊木のコンサートだったからだ。

4時過ぎ。ボトムライン前にはファンが並び始めている。想像以上に男性ファンが多いことにたじろぐ。女子を見つけ整理番号が近いことにホッとして彼女の前に並ぶ。クリスマス寒波襲来で寒さで震える。指先がかじかむ。
友達が来るのを待つ間、そのメガネ女子に話しかける。「熊木は初めて?」「いいえ、結構、前からのファンなんですよ。」「男性が多いよね?低い声で『ギャー』って言うの?」「昔はもっと多かったんですよ。みんな静かに聞く人ばかり。最近は女子も増えてきたのでうれしい」「MCはおもしろい?」「間(マ)がいいんですよね。味があって。」「・・・」こんなに男性ファンが多いコンサートは初めてなので興味津々でついインタビュー口調になる(笑)

4時半。開場となった。席を確保してホール内のトイレに行く。男子トイレが(!!)長蛇の列だ。今まで行ったコンサートで見たことがない光景で軽くショックを受ける。
ライブが始まった。
真っ白なダブダブTシャツが熊木の細い体を一層、際だたせる。長い茶色のプリーツスカートが揺れる。茶色に染めた、おだんごヘア。長い手足の動きがちょっと漫画チック(?)。
『Hello、GoodBye&Hello』。高音でいきなり声が裏がえる。曲が終わって咳をする。ヤバイ。今日は喉の調子が悪そうだ。こんな調子で2時間もつだろうか。心配になってくる。MCも元気がない。CDで充分だったかも・・・という思いがかすめる。
たまに「かわいい!」と低い声が飛ぶが、客席は静かだ。隣の男性も前の男性もこっくり、こっくり船をこぎはじめた。他の人はと見ると直立不動だったり、じっと熊木のライブを見守っている。

だが、ここで熊木は終わらない。『戦いの矛盾』あたりから次第に声が出るようになる。『新しい私になって』のような名曲は熊木の声域にあっているのか無理がない。俄然、声が伸びてくる。
私は、熊木杏里は「ライブアーティスト」と見た。
客席の力でだんだん声が出てきて力を発揮するタイプ。
声が出てくると自然、MCもなめらかになってくる。『Hello』で声が出なかった失敗を土下座パフォーマンスして笑いをとる。熊木はああ見えてなかなかだ。
「周りに受けいれられず苦しんでいた時に作った」「旭山動物園のテーマ曲は動物や“生命”に感動して作った曲」。武田鉄矢の事務所時代の話もする。だから『私をたどる物語』が金八先生の主題歌だったのだと謎が解ける。
ファン歴がまだ浅い私はどれもこれも初めて聞く話ばかりだ。
クリスマスだからと特別に歌った『星に願いを』。最初の『Hello』と同じ人が歌っているとは思えない。高音域こそ少しかすれるが、熊木の透明な声とぴったりマッチしていた。
後半はアップテンポな曲で元気な熊木を演出する。観客はスタンディングで手拍子だ。
f0234728_10405687.jpg
<10年前の名古屋駅>

熊木はデビュー10年。「10年前には出なかった音も出て、10年前には出なかった汗も出た」
熊木が語ると、ふつうの言葉も瞬く間に詩に変わる。
熊木の歌詞はメロディーから離れ飛び立つ。
 
ところで会場の大半を占める男性観客は熊木に何を求めているのだろうか。見たところ20歳代から40歳くらい。ほとんどが一人か男同士できているようだ。
熊木はピュアで華奢で守ってあげたくなる疑似恋人?
クリスマスイブイブの夜、観客に投げかける。「熊木、30になりました。30歳でいいですか?」。これってどう解釈したらいいのかな。
熊木の曲は素晴らしい。詩も素晴らしい。言葉のセンスも卓越している。『殺風景』『りっしんべん』などというタイトルは熊木以外に誰が思い浮かぶというのだろうか。
熊木の歌には聞くたびに新鮮な驚きがある。
ホームグランド』は震災後に生きる私たちに勇気を与える。

「来年もきっと来てくださいね」熊木は言う。
でも・・・・私は来年はないかな・・・
f0234728_04201.jpg


生きてきたようで
生かされている
そんな私であって
あなたである

おめでとう
今日まで辿りついたんだよ
つらいことの方がよくあるけれど
ありがとう
理由は何もないんだよ
あなたという人がいることでいいんだよ

(熊木杏里 『誕生日』より)
一人、車で聞く『一等星

一日中、自分でない誰かのために車を走らせて
気づくといつの間にか夜の帳(トバリ)が降りている。
何やっているんだろう、自分・・・
そんな想いに駆られた時、スピーカーから流れる『一等星
耳にとどまるフレーズは
物語が いつも私の望むようには 進まないけれど
その度に 心溶かしてくれる人がいることに 気づいてゆく


f0234728_22224228.jpg


一等星
作詞作曲     熊木杏里
(略)
もっと話したい人がいる 聞きたかったことがある
出会えたことから始まってゆく それが人と人との縁

わけのない悲しみはなくて 拾いきれない幸せがあるというだけ

物語がいつも私の 望むようには進まないけれど
その度に 心溶かしてくれる 人がいることに気づいてゆく

日ごと強くなるつながりを 忘れないでいたいから
影のようにいつでもすぐそばで どうか私を見ていて

たずさえた言葉を伝えて ひとりひそかに離れてゆこうとしないで

物語はきっと誰かの想いをのせて進んでゆくもの
さかさにしていた 夢時計 もとにもどして時が刻まれてゆく

星では埋まらない 星空を眺めていても
傷が風にさらされていても 人は人で救われてる

物語はいつも私を ひとつ変えてつくられてゆくから
戻り道にさよならをして まだ何もない 明日をつくってゆく
大橋トリオ熊木杏里の共通点は?

答えは『武田鉄矢』。二人とも武田鉄矢の作詞した歌を歌っている。
f0234728_8471761.gif

私をたどる物語
作詞:武田鉄矢 作曲:熊木杏里

頬をぶたれた 少年がひとり
日暮れの道で 泣いている
父が憎いと 声とがらせて
涙でゆがんだ 空見てる

遠い未来が 不安でならず
呼ばれて 返事しなかった
だけどやっぱり きみが悪いよ
自分を隠しているからさ

さあ鉛筆しっかり 握りしめ
私という字を 書くのです
白いノートの 私にだけは
夢を話してゆくのです

君しか書けない その物語
私という名の物語


髪を切られた 少女がひとり
鏡の前で 泣いている
母が嫌いと 声をつまらせ
自分を悔しく にらんでる

ちがう親から 生まれていたら
ちがう自分に なれたという
だけどやっぱり きみはちがうよ
そしたらきみは いなくなる

さあ鉛筆しっかり 握りしめ
私という字を 書くのです
白いノートの 私とだけは
ずっと仲よく するのです

君がたどってゆく物語
私という名の物語
f0234728_8415991.gif


思春期でもないのに胸が痛い。
武田鉄矢の詩は他の人が歌うと輝きを増す。
友達のお勧めで熊木杏里を聞いた。

正直言うと、私は女性ボーカルの歌はほとんど聞かない。
もっているCDも9割以上は男性ボーカルだ。
f0234728_0101811.jpg

しかし彼女のCDを聞いてみると、これがなかなかいい。
まず声がいい。澄んだ癖のない声がとても心地よい。まるでα波が出ているようだ。
そして歌詞がいい。内省的でナイーブな詩がやさしく突きささる。

曲調は似ているのにそんなことも気にならない。
聞けば聞くほど彼女の世界にはいっていく。
歌うことによって自分の傷口を癒しているようにみえる彼女の歌は
聞いている人の傷口まで癒してくれる。

まだまだ私の知らない歌がある。
またひとつ、新しい世界が開けたようで嬉しい。