●嬉し恥ずかしのオフ会②

只今、『A面の夏』を反芻(ハンスウ)中。
楽しかった想い出は明日への活力となる。

しらかわホールにTAKEの声が響く。
荘厳なクラシックホールに負けないSkoop On Somebodyのコンサート。
KO-ICHIROのピアノに、バイオリン、チェロ、キーボードの三人が加わる。
二人になってからはもう甘えはきかない。一層、歌に磨きがかかっている。洋楽カバー、バックナンバー、新曲と歌いまくる。今まで歌謡曲チックであまり好きでなかった『線香花火』。地味なアレンジにもかかわらず名曲であることに今更ながら気づかされる。
f0234728_18113468.jpg

♪手の中のやさしさを 与え合える
穏やかな気持ちで 巡り会えた奇跡を 讃え合える
素直なひとときに かえがいのない笑みに その瞳に
そのあたたかさに せっかく 気づいたんだ♪

リルスマイル』を聴くと、作者である、二人の隣にいないKO-HEYを想い、その歌詞が沁みる。隣の席の人も涙を拭っているようだ。コンサート前に「頑張った自分へのご褒美に」買ったと言って、オフィシャルグッズのバッグやタオルなど見せてくれた元気な人だ。Skoopのコンサートは一人参加も少なくない。ちょっと勇気をもって話しかければ、Skoopを愛する同士、すぐ打ち解ける。後ろの座席には若い男性の二人連れが座っていた。Skoopに男性ファンがいると、なぜか素直に嬉しい。

オフ会&打ち上げ会は近場の居酒屋。まずは乾杯068.gif
ネットでしかおしゃべりしたことのない人とのご対面。
“オフ会”とやら初めての経験だ。
以前に文格は人格に近づくと書いたが、文はその人のもつ雰囲気や外見までは伝えない。想像していた人とイメージは違っていたが、魅力的な人だった。
オフ会は楽しく、口には出さないが次のコンサートでの再会を誓う。

タイから朝帰ってきて、洗濯を数回して、親のところに顔を出し、電車に乗ってコンサート&飲み会。我ながらどこからそんなエネルギーがでたのやら・・・
"好き"エネルギーは偉大だ。
『昔のオトコ』と書いてゴメンナサイ。訂正デス。
by feliza0930 | 2010-08-11 18:23 | ・MUSIC | Comments(0)