●お正月の忘れもの

黒豆、田作り、昆布巻き、大根なます、巌どり、かずのこに五目酢炒り。
私が必ず作るおせち料理だ。
昔は錦玉子にきんとん、伊達巻きもつくったが、今はさすがに作らない。
f0234728_2334562.jpg
五色酢炒り』は母から教わったお正月料理だ。
牛蒡、蓮根、干し椎茸、人参に糸コンニャクの五種類の材料の植物繊維たっぷりの料理だ。
これを作らないとお正月を迎えた気がしない

去年の暮れは慌ただしく、おせち料理は既製品になった。
五目酢炒りも作る暇もなかった。
きれいに着飾ったおせちを食べても何か物足りなかった。

昨日、思い立って作ることにした。
牛蒡をマッチ棒大に切る。ささがきではないので結構時間がかかる。蓮根は四つ切りにして薄切り。人参もマッチ棒大。どうせ作るのならと実家や、娘のところまでと思うので大量に刻む。ひたすら切り刻む。まるで修行僧のように。頭を空っぽにして切ることだけに集中する。全部切り終わるまで一時間はゆうにかかる。
だから気合いを入れないと作れない料理だ。

材料別にボウルに入れる。牛蒡や蓮根はアク抜きが必要だから、切ったそばから水にさらす。調理台がボウルだらけだ。
『五目酢炒り』は切ってしまえば八分通りできたのも同然だ。牛蒡、蓮根、人参、しいたけ、白滝の順で炒め、だしと調味料を加えて煮る。8リットル鍋がパンパンだ。

おろしぎわに酢を加える。熱で飛ぶので酸っぱいものが苦手な人も食べられる。
一晩寝かせれば味もしみる。酢が入っているので三、四日は日持ちする。

作り終えた。立ちっぱなしの足が疲れている。
だけどお正月の忘れものはもうない。
by feliza0930 | 2011-01-13 23:18 | ・FOOD