●アメリカンアイドルとAKB48

アメリカンアイドルシーズン10の投票数が番組史上最高の5500万人が集まったそうだ。トップ11がパフォーマンスした週だ。その投票結果がケイシーのアウトだった。

『アメリカンアイドル』は常に視聴率トップをキープする国民的人気番組。NHK紅白が毎週放送されるみたいなものだ。違うのはアメリカンアイドルは、途中から視聴者が投票して一人ずつ挑戦者を落としていくので、回を追うごとにヒートアップしていくところだ。

アイドル評論家(?)の娘が言った。
「視聴者参加といえば男性が有利だね。アイドルが好きなのは女性だから」
娘よ!あなたは正しかった。現在(日本放送時)トップ9の内訳は男性6人、女性3人だ。
アメリカンアイドルの投票方法は電話、メール、Facebookの三つ。放送後の二時間以内に何度でも投票できる。
f0234728_8364788.jpg

いくら国民的人気番組といえども、中高年が電話やPCにかじりついて投票する姿は想像しにくい。お気に入りに熱くなって複数投票するのはどの世代か。そう考えると、男性が多く残っているのも納得できる。

ところで、投票といえば日本のAKB48の総選挙。お目当てに投票したくてCD複数買いするファンたち。AKBを支えるのはオタクと呼ばれる男性たち?それとも同じ年頃の少年、少女たち?
アメリカンアイドルとはファン構造が違うが、若いファンの心理は同じだ。複数買い、複数投票が"アイドル"を支える。

アメリカンアイドルの実力を競う勝ち抜き戦のような色合いは、視聴者が参加するトップ24から突然、変貌する。選ばれる者は、あくまで視聴者から支持される「アイドル」でなくてはいけないのだ。審査員の思惑から外れていくことも大いにありうる。だからこそ、ケイシーが落ちた時、審査員達はあわてふためき、彼を救済したのだ。但し、その権利は一度しか使えない。今後、彼らは視聴者の出した結果に全面的に従わなければならない。
これがアメリカンアイドルの特徴であり、限界なのだ。

とかいいつつも、放送が待ち遠しい週末である。
by feliza0930 | 2011-04-17 08:40 | ・MUSIC