タグ:あまちゃん ( 4 ) タグの人気記事

駅のプラットホーム
『潮騒のメロディー』を歌いおえたアキとユイ
「しょうがないな。いっぺん間違えたもん」
「わたしも。今までに一番やばかった」
「まだまだ完成しなくていいべ」
「うん。明日も明後日もあるもんね。」
「明日も明後日も来年もある。
(線路を見る)今はここまでだけど来年はここから先も行けるんだ。」


あまちゃんが終わった。
今日から普通の朝ドラが始まり
普通の朝がきた。

f0234728_1844483.jpg

<NHK「あまちゃん」公式 HPより>
このところ、NHKはやり放題である。
スポンサーの思惑を考える必要がないので、番組構成は我が意のまま。
朝イチにはヒロイン能年玲奈をゲスト、ファン感謝祭放送、
クドカンと葉加瀬の対談再放送(Eテレ)。『あまちゃん』最終回に向けての怒涛の番組ラッシュだ。

これらの番組全部チェックしている私はBS視聴の『早あま』(朝7時半)。夫が起きてくる前に一人じっくり視聴。なまりもしっかり聞き取るために字幕を付けている。
その後、夫と朝ごはんを食べながらチラ見の『朝あま』(朝8時放送)。8時15分からの『朝イチ』でのイノッちと有働さんのウケは欠かせない。朝イチがない土曜は物足りない。毎日、早あま⇒朝あま⇒アサイチの受けの三段構えの『あまちゃん』視聴だ。時には『録あま』で気に入った回の復習し、聞き取れなかったネタ確認する。
震災以降は少し失速気味であったが、終盤、伏線回収の上手さにさすがとクドカン株がまた上がった。
そんな今をときめくクドカンの対談相手が葉加瀬太郎だ!
コンサートを見たばかりというタイムリーな組み合わせだった。
聞き手が話し手、話し手が聞き手となりSWITCH、SWITCHしながらの番組。
クドカンの娘が葉加瀬の『情熱大陸』の大ファンだからと実現した対談であった。

「コンサートのMCは言いたいこと言ってアドリブのように思わるだろうが、実は一字一句、台本通り言っている」と葉加瀬。クドカンが「そんなこと言っていいのですか?」と言うと、やや間があって「・・・いいでしょう」。
「コンサートの始まる10分前になるとなんでこんな仕事をしたのかと激しく後悔する、できれば逃げたい」「だっておかしいでしょう?人前でこんなにテンション高くしているの」
・・・・葉加瀬の意外や意外の仰天告白だった。

流行り音をキラキラつけても翌年になれば古さを感じる、そぎ落とした音楽こそが生き残る。クラシック回帰していると語る葉加瀬。
歌舞伎に目覚めたクドカン。時代の先頭を走る二人の共通項は古典回帰だった。

f0234728_1927163.jpg

<バースデープレゼントのCD>
あまちゃん』の快進撃が続く。雑誌にはあまちゃん記事が毎週、踊る。
私の周りでも『あまちゃん』見ている人が多く、体感視聴率は50%くらいだ。老いも若きも男性も女性も見る文字通り国民的朝ドラになりつつある。

人気の秘密の一つに「笑い」があろう。
あまちゃんの笑いには基本的には言葉遊びが多いが、はずせないのがマニア向け笑いだ。花巻さんの笑いを理解するには洋楽の知識がいる。それから台詞はないが、小道具に込めた笑い、これが実は曲者なんですよね。
勉さんに弟子入りしたが、実はスカウトマンだったことがばれ去った水口。琥珀には1ミリも興味もなかった水口が琥珀を手にしてせっせと磨いている今日のシーン。二度目視聴で琥珀に気づきました(笑)。

f0234728_23323117.pngクドカンは1話に笑いをこれでもかと詰め込む。
以前、『吾輩は主婦である』のDVDを友人に貸した。友人は三、四話まとめて見たら濃すぎてすごく疲れたと言った。クドカンドラマは、牛のように反芻しながら少しずつ見て味わうのがちょうどよいのだろう。

とにかく『吾輩は主婦である』でクドカンワールドにはまった私は『あまちゃん』ブームの今、ちょっと鼻が高い。『吾輩』は昼ドラだったからか、残念ながら世間の認識度は今一つである。
『あまちゃん』でクドカンのファンになった人に是非見てもらいたいドラマである。

*『吾輩は主婦である』にはクドカンお気に入りアイドルNo1.の斎藤由貴が主演している。
今日は4月1日月曜日。NHK連続ドラマが始まった。

純と愛』の視聴はとっくに脱落していたが、最終回は見た。
「ああ、やっぱりこのドラマ、途中で切って正解」と自分の判断が間違っていないと思った。何ですか?愛の〇分にわたるモノローグ。あんなに主役に語らせたらダメでしょう。

「従来の朝ドラの枠を破る」。確かに枠は破ったかもしれないが、奇をてらいすぎた稚拙なジェットコースター脚本だった。
ハートウォーミングなストーリーという触れ込みだったのにもモノ申したい。
不幸のてんこ盛りで朝からどんより気分になった。
寝たきり夫と認知症の進んだ母を抱え、ホテル再建をしなければならない純に明るい未来はあるのだろうか。

さあ、四月だ。古いドラマはもう忘れよう。
どれどれ。爽やかそうだ。小ネタで責めるクドカンらしさもあちこちに出ていた。期待できるかもしれない。

夏目漱石が乗り移った主婦がヒロインの『吾輩は主婦である』は私の気に入りのクドカンドラマである。
DVDまで買ってしまったほどだ。
『吾輩は・・』は昼ドラを超えた抱腹絶倒の傑作ドラマだった。
だが、次に見たドラマは理屈っぽくて全然面白くなかった。あれもキョンキョンが出ていた。クドカンの笑いは癖があるので、ホームランか三振になるという恐れがある。

それでも『あまちゃん』は不快指数の高かった『純と愛』の後だ。それだけで好発進したようにみえる得なドラマだ(笑)。